つぶつぶろぐ

アイロンビーズのことばかり

ミドルフューズビーズ&ミニフューズビーズのこと

アイロンビーズ、とりわけドット絵の再現に情熱を注いでいる方には、使っている方が多いイメージがあります

そんな、知る人ぞ知る輸入ビーズ

ミドルフューズビーズ(大きい方)
ミニフューズビーズ(小さい方)

の使用感をメモしておきたいと思います

 

f:id:mineyamarie:20190621184852j:image

袋にチャックがついてて便利( *´꒳`*)

 

海外(公式ツイッターの表記だと、中国の深圳?)のメーカーである【ARTKAL】さん(Artkal beads – Artkal Beads Store※海外サイト)が製造しているアイロンビーズなのですが

そもそもこの、ARTKALというメーカーさんでは、2タイプのアート用ビーズを作ってるらしく

その中の、『fuse beads』というシリーズのものを、日本のアイロンビーズ専門ネットショップピクセルピコさんで販売されている時の名が『ミドルフューズビーズ』『ミニフューズビーズ』ということらしいのです(多分)

 

ARTKALさんではハードタイプのビーズもあるらしいのですが、この『フューズビーズ』というシリーズのものはとても柔らかいです

他にはあまりないタイプだと思います

 

柔らかさと、もう一つの大きな特徴が

とにかくだということです

前述のショップ・ピクセルピコさんでは現在186色を取り扱っておられ、中にはパールカラーやクリヤーカラーといったものや、夜光カラーやUVカラーといったユニークなものまで、多種多様

微妙な色合いや細かなグラデーションを再現することだって夢ではありません…かも!

 

 

…さてさて、ここまでが前置きで(長い)

実際に使ってみた感じをレポートします

f:id:mineyamarie:20190621032802j:image

まずはマリオ作ってみました

アソートパックに入ってたありあわせの色で作ったもので、全体的にちょっとうっすい色合いしているのですが…

 

ビーズが柔らかいのでパーラービーズなどと比べるととても溶けやすく、小さい方のミニフューズビーズは大きいものよりもさらに溶けやすいと感じました

溶けやすい方がアイロンがけがしっかり行えて良いのですが、慣れないうちは均一にアイロンがけするのがちょっと難しいかもしれません

 

f:id:mineyamarie:20190621185323j:image

あと、ビーズ自体のことではないのですが、ミニフューズビーズのプレートは、トゲの間隔がナノビーズのプレートよりも広くて、作品の仕上がりがすごくちょっとだけ大きめになります

(写真左がナノビーズのマリオ)

f:id:mineyamarie:20190621185556j:image

ミドルフューズビーズのプレートは、トゲの間隔はパーラービーズのものとほぼ同じですが、トゲの長さが長いので、アイロンがけした後の作品が少し外しづらいです

(左がパーラービーズのプレート、右がミドルフューズビーズ)

 

 

お次は立体

f:id:mineyamarie:20190621034051j:image

まずはミドルフューズビーズで作ったパンダなのですが

パーラービーズとは溶け方が違うので、なんだか少しだけ雰囲気が違うというか、なんとなくビーズの溶けくちが丸みを帯びてる気がします

写真では伝わりませんが、立体にするとより、素材のソフトさを感じられます

 

 

f:id:mineyamarie:20190621034355j:image

こちらはミニフューズビーズのパンダなのですが

先述のとおり小さいビーズの方がより溶けやすいような感じで

アイロンがけするとビーズの径よりも高さの方が大分短くなってしまいまして、パンダの鼻が大分飛び出てるあたりからそのへんが伝わるんじゃないかと思います…

(私がまだソフトビーズのアイロンがけに慣れてない所為もちょっとあるかもですが…!)

 

あともうひとつとても気になるのが、なんだか組んでる時にポキポキと折れやすくて

なんだかナノビーズとは溶け方が違うからなのか、引っ張ったり曲げる力にとても弱いくっつき方をしている気がします…

f:id:mineyamarie:20190621183511j:image

こんなに潰れるほどアイロンがけして、熱いうちに曲げようと思ったのにポッキリいってしまった…( ;´꒳`;)

 

結論、フューズビーズは立体作品向きのビーズではないと思います

ミドルフューズビーズはミニフューズビーズほど折れやすくはなかったですが、それでもパーラービーズよりは折れやすいです

フューズビーズで立体を作ることが不可能だというわけではないですが、慣れというか、テクニックが必要になってくるんじゃないかなと…

はい、私にはテクニックが無いです( ;´꒳`;)

 

ただし、とにかく色数が豊富なのと、溶けるのが早くてアイロンがけしやすいので

平面の作品、とりわけ複雑なドット絵の再現などにはとっても適していると思います

ビーズの品質自体もすごく良いです!

 

 

ARTKALさんのもうひとつのシリーズ『Artkal beads』(硬い方)についても、近々まとめたいと思いますฅ^•ﻌ•^ฅ

 

 

●●●

 

↓ちょっとずつ、いろんなアイロンビーズの使い心地をまとめています〜ฅ^•ﻌ•^ฅ

 

fungiforest.hatenadiary.jp