つぶつぶろぐ

アイロンビーズのことばかり

【アイロンビーズ使い心地まとめ】

 

自分のためのメモとして、様々なメーカーさんのアイロンビーズの、わたくしなりの使用感をまとめておきたいなーと思います

 

  • 私は普段の作品作りにカワダさんのアイロンビーズ(ナノビーズ&パーラービーズ)を使用しているので、それと比べてどうこうというもの言いになってしまうかと思います
  • 現在、世に出回っているものは主に2種類のサイズ(直径約5mm程のパーラービーズサイズと、直径約2.6mm程のナノビーズサイズ)に分けられるかと思いますので、パーラービーズサイズ=大・ナノビーズサイズ=小と表記したいと思います
  • 平面作品はちびマリオ・立体作品はパンダを試作品として制作して、使い心地を試しています
  • 今後色んなビーズを試す度にちょこちょこ追記・修正してゆくつもりです

 

各項目の意味

品質の安定度…ビーズの色や高さなどにばらつきがないかどうか

溶けやすさ…同じ温度でアイロンがけをした時に、どれくらい早く強く溶けるかどうか。あまり溶けやすすぎても扱いづらいかも

硬さ…ビーズひとつひとつ及びくっつけた後の作品の硬さ。低いほどやわらかい

平面オススメ度…主に飾って楽しむ目的の、平面の作品を作る時のオススメ度(私の独断)

立体オススメ度…主に立体の作品や、耐久性を要するアクセサリー等を作る時のオススメ度(私の独断)

コスパ…袋単価÷内容量に、クオリティの評価も加味した満足度(私の独d)。基準はナノビーズ

 

 

●●●

 

パーラービーズ(大)/ナノビーズ(小)

発売元:株式会社カワダ

品質の安定度 ★★★★☆

溶けやすさ ★★★☆☆

硬さ ★★★★★

平面オススメ度 ★★★★☆

立体オススメ度 ★★★★★

コスパ ★★★☆☆

パキッと硬くて使いやすいビーズです

日本のアイロンビーズ文化のパイオニア的存在だと思いますし、クオリティもトップクラスで、街のおもちゃ屋さんなどで手に入りやすいというのも高ポインツかなと

ナノビーズの色数をもう少し増やしていただければとても嬉しい…!

 

ミドルフューズビーズ(大)/ミニフューズビーズ(小)

発売元:Artkal beads – Artkal Beads Store(海外サイト)

品質の安定度 ★★★★★

溶けやすさ ★★★★★

硬さ ★☆☆☆☆

平面オススメ度 ★★★★★

立体オススメ度 ★★☆☆☆

コスパ ★★★☆☆

品質の安定感はとても素晴らしく、ARTKALさんのHPからも、なみなみならぬビーズアートへの情熱を感じます

色数がとにかくとても豊富で、夜光カラーやUVカラーなどのおもしろいものもあったりして、平面の作品を作るならばとりあえずこちらを使えば間違いないというレベル

…ですが、やわらかくて溶け方・くっつき方がハードタイプと違うためかポキポキ折れやすく、摩擦もかかるので、パーツを複雑に組む立体作品や耐久性が必要なアクセサリー作りには向かないかなーと思います

購入の際は日本のアイロンビーズ専門ネットショップピクセルピコさんが便利です

fungiforest.hatenadiary.jp

 

ダイソーアイロンビーズ(大&小)

発売元:ダイソー

品質の安定度 ★☆☆☆☆

溶けやすさ ★★☆☆☆

硬さ ★★★★☆

平面オススメ度 ★★☆☆☆

立体オススメ度 ☆☆☆☆☆

コスパ ★★★★☆

星の数だけ見るとなんだか安かろう悪かろうに見えるかもしれませんが、そんなに悪いものだとも思っていません

100円で2000ピース入りで、ナノビーズの約4分の1の粒単価と、入手のし易さなどから、アイロンビーズ入門のとっかかりとしてはとかく申し分無しかなと思います

色は比較的安定してますが、ビーズの高さがとても不安定で立体は作りづらいです。このビーズで満足できなくなったら、ぜひもう少し良いビーズにステップアップしてみてほしいです!

fungiforest.hatenadiary.jp